site mapprivacy policycompany

original works 自社で企画立案・編集・制作しました

booksfree papersdiarygame

books

 文化・暮らし・アート・自転車をはじめ、幅広いジャンルの企画・編集を行っています。

「神戸自転車ホリデー」

杉谷紗香著  ワークルーム 編著  光村推古書院 刊

小社発行の季刊紙フリーペーパー「cycle」編集長の杉谷が取材・執筆しました。
神戸を自転車で楽しむための本。京都、大阪に次ぐシリーズ3冊目です。
「おでかけ自転車コース」では、近代建築やアートスポットを巡るコース、
「とおのり自転車コース」では須磨や明石など、
走りやすい道をセレクトした「まっすぐ自転車コース」では買い物に出かけたくなります。
神戸のスイーツとグルメ、自転車店情報も満載。
撮影は、岡田久仁子さん。
→ amazon.co.jpでチェック

「京都自転車デイズ」

ワークルーム 編著  光村推古書院 刊

観光で京都に訪れたなら、移動手段は自転車がいい。
渋滞している道も、狭い路地裏も、自転車なら快適。
自分たちのペースで走って、すてきな風景に出会おう。
京都で暮らすなら、自転車があると断然楽しい。
毎日走っていると、発見がたくさんある。
お気に入りの風景の中を走り抜けたり、静かな時間を過ごしたり。
自転車だからこそ、見えてくる景色がある。
→ amazon.co.jpでチェック

「大阪自転車ホリデー」

ワークルーム 編著  光村推古書院 刊

環境にやさしい乗り物として、注目を集めている自転車。
平坦なまち・大阪を、自転車で楽しむための本です。
ちょっと郊外を走れば、知らない自然に出合い、いつもの街も、ちがった景色として目に映ります。 まだ行ったことのない場所に、自転車に乗って行ってみよう。
郊外へちょっと遠乗り「おでかけ自転車コース」、市内の自転車散歩「おさんぽ自転車コース」、買物に行きたくなる「じぐざく自転車コース」の3本立て
→ amazon.co.jpでチェック

「京都おとりよせコレクション」

ワークルーム 編著 岡田久仁子 写真  光村推古書院 刊

手ごろで素敵、そして京都らしさが感じられる、お取り寄せ可能なおいしいものを集めてみました。
お店はすべて、京都に店舗や工房をかまえているところばかり。
京都を訪れた際に立ち寄れるよう、最後に地図も付けました。
みんなが集まる日のために、大切な人への贈り物に、自分へのごほうびに…、参考になる一冊です。
デザインは別府さやかさん。
→ amazon.co.jpでチェック

「京都きもの生活」

佐藤文絵&ワークルーム 編著  光村推古書院 刊

京都には、きものを素敵に着こなす人たち、そして素晴らしいものづくりをする人たちがたくさんいます。 京都で出会った、きもの生活の楽しみ方や、きもの作りの現場、きもの小物のお買い物スポットなどを紹介。
→ amazon.co.jpでチェック
→ 京都きもの生活web

「キョウト自転車生活」

ワークルーム 編著  光村推古書院 刊

平坦で碁盤目の京都の町は、自転車で走るのにもってこい。町屋が並ぶ西陣も、鴨川の散歩道もすいすい走れる! カフェや雑貨屋さんも紹介した、京都の見所満載のガイドブック。データは2004年7月現在。 品切れ中です

「吉野の里のスローフード —畑の野菜とイタリア料理」

永松信一&永松清香 著  ワークルーム 編  平凡社 刊

奈良県東吉野村のイタリアンのシェフによる、スローフード感覚あふれるレシピと畑仕事の魅力をたっぷり伝える本。
小社・塚村が企画・編集。
→ amazon.co.jpでチェック

「中国茶で楽しむ十二か月」

黄 安希 著  ワークルーム 編  平凡社 刊

workroom*Aの「中国茶の時間」でずっと講師をしてくださっている黄安希先生の本です。
小社・塚村が企画・編集しました。
歳時記に合わせた中国茶の楽しみ方を提案しています。
小社・塚村が企画・編集。
→ amazon.co.jpでチェック

「workbook1 目と耳の20世紀」

藤本由紀夫 著  FLIP BOOKS 刊

映画、写真、蓄音機…20世紀にめまぐるしく発展した視聴覚テクノロジーと、新しい時間・空間体験についての本。
装丁は永原康史さん。

このページの一番上へ 

free papers

「季刊紙 サイクル」No.00~

ワークルーム 編集・発行

季刊紙サイクル」は、 自転車の初心者と文科系自転車乗りのためのフリーペーパーです。
関西圏の自転車関連情報をメインに掲載しています。
2009年3月28日の創刊以来、2015年10月15日の27号までを発行。
2016年の28号からは、事業承継先である「株式会社ピクニック社」が編集・発行しています。

「季刊紙サイクル」は、SOWORKS MESSENGER クーリエクリオシティ
デイジーメッセンジャー のみなさんが自転車で届けてくれるほか、
関西の自転車店などを中心に設置。
>>>>> 「季刊紙サイクル」公式サイトへ

このページの一番上へ 

diary

自転車手帳2014/2015

季刊紙サイクル編集部 編 ワークルーム 発行

鉄道好きに鉄道手帳があるように、旅好きに旅行手帳があるように、
自転車好きにも自転車手帳があっていい。
後ろポケットにも入るパスポートサイズ。
少々の雨に打たれても大丈夫なようにビニールカバーを付けました。
ダイアリーは春のクラシックレースが開幕する3月始まり。
自転車に関する記念日や、著名サイクリストの誕生日を掲載。
全38ページの充実した資料編とマップには自転車に乗りたくなる情報満載。
デザインはニコール・シュミットさん。

自転車と一緒に過ごす毎日が楽しくなります。
「自転車手帳 2014/2015」公式サイトへ

このページの一番上へ 

game

Connect

カードゲーム
ワークルーム 発行

遊び方   1枚のカードに、動物の半身が4つ描かれています。
      同じ動物の半身をつないでいき、手持ちのカードすべてをつなぎます。
      一番先に手持ちのカードの動物がすべてつながると上がりです。
セット内容 カード54枚/説明書(動物一覧つき)1枚
価格    1,566円(税込)

ゲーム考案、イラスト、デザインは小社・長岡。
©2010 Ryoko Nagaoka, Workroom co.,Ltd.
カードゲーム「Connect」公式サイトへ

このページの一番上へ